ためなら。


by unreyu

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大手メーカー、ソニーでは電化商品再利用法の対象品の引き取りを一体どのように行っているでしょうか?
電化商品再利用法の指定品、TV、洗濯機、冷蔵庫、エアーコンディショナーの4つのうち、TVだけ引き受けています。

ここで疑問に思う感じの方も多いでしょう。

どうして、一体、1品だけなのか?
よく考えてみてください。

ソニーはエアーコンディショナー、冷蔵庫、洗濯機は販売も、実際、製造もしていません。

当たり前ですが、電化商品再利用法に基づいても、TVについてだけの再利用取り組みとなります。

さて唯一の対象製品、TVを持っているような人で、下記のような方だけが引き取りの対象となります。

それは以前、ソニースタイルにて購買したTVを処分したいケース。

そしてこれから、ソニースタイルでTVを購買するような際、そのために処分したいTVがあるケースです。

この2つのケースに限り、回収の対応をしてくれます。

TVはブラウン管を使用しているTVでチューナー内蔵のというようなものに限ります。


また商品種類によっては、引き取ってもらえない感じのものもあるそうですので留意が必須です。

回収の代金に関しては事前にチェックしてください。

またTVの付属品も一緒に廃棄したと思っているような人も多いでしょう。

ですがソニースタイルで引取ってくれるというようなものは、次の2つだけです。

電池を外したワイヤレスリモコン、あるいは、本体に着いている着脱式の感じの付属専用スピーカーだけは一緒にきちんと引き取ってくれます。

TV台や、取扱い説明書などの本、付属のCD-ROMは引き取ってくれませんのでご留意ください。

これらは他で代金を払うというようなことになっても、自分で廃棄しなければいけません。
[PR]
by unreyu | 2010-03-08 11:30
大手家電の製造会社であるシャープの再利用代金のお話をしていきます。

TVの再利用代金ですが、液晶TVは、電源として一次電池や蓄電池を使う電池式で携帯型のTVは対象に関してはなっていませんので留意しましょう。

過去にシャープ製として販売したプラズマTVを処分するケースは、同社の液晶TVの中型以上とだいたい同じ再利用代金となっています。

消費者がこれらの電化商品を廃棄したいと思ったケース、再利用代金を支払う感じのことが電化商品再利用法に定められています。

こんな風に引き取られ処分廃棄となった電化商品は、電化商品再利用法により、一体どのように再利用されるのでしょうか?
シャープでは、環境にもっと配慮した製品企画、製品設計のため、「グリーンプロダクトガイドライン」というようなものを設定しています。

これをもとに常に再利用に配慮した製品づくりに取り組んでいます。

特に液晶TVに関しては、再利用プラントでの易解体性にきちんと十分配慮した構造や設計になっています。

そして再リソース化しやすい材料を使い、そのマテリアルの表示に前向きに取り組んでいます。

こんな風にシャープでは、製造時点で、すでに再利用のようなことを考え、商品を作っているんです。

そして、液晶TVの解体処理、もしくは部品の再製品化の効率を高める感じの研究もしていますから、地球環境保全に貢献していると言えるでしょう。

環境に配慮した製品が次々と、実際、生まれるといいです。

グリーンプロダクトガイドラインとは、実際、省エネ、省リソースをはじめ、安全性や再利用、そして再生材料、長期使用や解体性に基づきシャープがまったく独自に作成したガイドラインのようなことです。

これはシャープの国内、国外、あるいは、全ての設計や生産事業所で運用しているというようなことですから、どの国であっても再利用のようなことを考えた商品作りに取り組んでいるというようなことになります。
[PR]
by unreyu | 2010-03-08 11:29